OUR RESEARCH


このページは私達が今取り組んでいる研究テーマについての紹介です。
みんなそれぞれのテーマについて一生懸命取り組んでいます。

経皮吸収に関する研究

最近の学会発表
・Electroporation / Iontophoresis 併用法による薬物経皮送達促進効果 −conductive media の影響−.日本薬学会第125年会(2005/03)
・Electroporation/Iontophoresis併用法によるインスリン経皮送達-conductive mediaの影響-.第20回日本DDS学会(2004/07)
・Electroporation / Iontophoresis 併用法での Electrooration 適用溶媒の影響.日本薬学会第124年会(2004/03)
・Iontophoresis法の電圧値に対するElectroporation法併用の影響.日本薬学会第123年会(2003/03)
・Electroporation法とIontophoresis法の併用によるインスリンの経皮的投与.第18回日本DDS学会(2002/06)
・Electroporation法とIontophoresisの併用によるインスリンの皮膚透過促進効果.第17回日本薬剤学会(2002/03)
・皮膚の構造変化に及ぼすElectroporationの電圧の影響.第121回日本薬学会(2001/03)
・木酢液の皮膚に対する作用.第121回日本薬学会(2001/03)
・Electroporation法とIontophoresisの併用によるペプチド性薬物の経皮吸収促進効果.第121回日本薬学会(2001/03)


抗腫瘍性プロスタグランジンの作用機序研究

最近の学会発表
・抗腫瘍性プロスタグランジン13,14-Dihydro-15-deoxy-Δ7-PGA1 methyl ester の作用機序研究.日本薬学会第125年会(2005/03)
・Theanineによる抗腫瘍性プロスタグランジンの抗腫瘍活性増強効果.日本薬学会第124年会(2004/03)
・抗腫瘍性プロスタグランジン13,14-dihydro-15-deoxy-Δ7PGA1の作用メカニズムに関する研究―細胞周期に対する影響とアポトーシスの検出―.日本薬学会第123年会(2003/03)
・抗腫瘍性プロスタグランジンの作用メカニズムに関する研究-13,14-dihydro-15-deoxy-Δ7PGA1の細胞周期に対する影響-.第52回日本薬学会近畿支部大会(2002/10)
・抗腫瘍性プロスタグランジン含有脂肪乳剤(Lipo TEI-9826)とシスプラチンとの併用によるin vivo抗腫瘍効果.第59回日本癌学会(2000/10)


抗腫瘍性白金錯体の作用機序研究

最近の学会発表
・脂溶性白金錯体SM-11355 の作用機序 −活性化合物によるアポトーシス誘導能−.日本薬学会第125年会(2005/03)
・Na+, K+-ATPase α1 subunit and intracellular accumulation of cisplatin. The 44th American Society for Cell Biology Annual Meeting(2004/12)
・Sustained release of platinum compound and apoptosis. 第2回世界薬学会議(2004/06)
・CDDPのAUC依存的効果とアポトーシス.日本薬学会第124年会(2004/03)
・Sustained Release of Platinum Compound and Apoptosis.The American Society for Cell Biology 43rd Annual Meeting(2003/12)
・脂溶性白金錯体SM-11355の作用機序 −アポトーシス誘導能−.第62回日本癌学会(2003/09)
・脂溶性白金錯体SM-11355の作用機序 −アポトーシス誘導能−.日本薬学会第123年会(2003/03)
・CDDP耐性肝癌株(H4-II-E/CDDP)における耐性機序.日本薬学会第123年会(2003/03)
・脂溶性白金錯体SM-11355の作用機序−アポトーシスの誘導能−.第18回日本DDS学会(2002/06)
・CDDP耐性肝癌株H4-II-E/CDDPにおけるCDDPの細胞内取り込みの変化.第17回日本薬剤学会(2002/03)
・CDDP耐性肝癌株H4-II-E/CDDPにおけるCDDPの細胞内取り込みの変化.第60回日本癌学会(2001/09)
・脂溶性白金錯体SM-11355の作用機序研究:SM-11355/LPDの活性発現および細胞内蓄積に与える阻害物質添加の影響.第121回日本薬学会(2001/03)
・CDDP耐性ラット肝癌株(H4-II-E/CDDP)の耐性獲得機序.第50回日本薬学会近畿支部大会(2000/10)
・脂溶性白金錯体SM-11355のCDDP耐性肝癌株に対する細胞増殖抑制効果.第59回日本癌学会(2000/10)


酸素運搬能を有する新規パーフルオロカーボン乳剤(人工血液)の創製

最近の学会発表
・酸素運搬能を有するパーフルオロカーボンエマルション製剤の開発.日本薬学会第125年会(2005/03)
・酸素運搬能を有するパーフルオロカーボンエマルション製剤の開発.第54回日本薬学会近畿支部大会(2004/10)
・人工酸素運搬体としてのパーフルオロカーボンエマルジョン製剤の開発.日本薬学会第124年会(2004/03)
・PEG化リン脂質によるパーフルオロカーボンエマルジョンの血中滞留性向上.第19回日本DDS学会(2003/06)
・新たなパーフルオロカーボンエマルジョンの調製と評価.第7回日本血液代替物学会年次大会(2000/09)


病態時におけるトランスポーター発現変動に関する研究

最近の学会発表
・胆管結紮ラットにおけるMRP および核内レセプター.日本薬学会第125年会(2005/03)
・腎障害ラットの肝におけるMRP および核内レセプター.日本薬学会第125年会(2005/03)
・胆汁うっ滞ラットモデルにおけるトランスポーターおよび核内レセプター発現の変化.第54回日本薬学会近畿支部大会(2004/10)


高分子封入リポソームの新規調製法の確立

最近の学会発表
・Electroporation 法を利用したリポソーム内への高分子封入.日本薬学会第125年会(2005/03)


癌電気化学療法に関する研究

最近の学会発表
・Cancer Electrochemotherapy(癌電気化学療法)に関する研究(その14):Type 1 ribosome-inactivating proteinサポリンとの併用による抗腫瘍効果.第18回日本DDS学会(2002/06)
・Cancer Electrochemotherapy(癌電気化学療法)に関する研究(その13):低電圧電気パルスを併用した場合の抗腫瘍効果.第17回日本薬剤学会(2002/03)
・Type 1 ribosome-inactivating proteinとの併用によるin vitro、in vivo 抗腫瘍効果.第60回日本癌学会(2001/09)
・Cancer Electrochemotherapy(癌電気化学療法)に関する研究(その12)−エレクトロポレーションを利用したtype 1 ribosome-inactivating proteinの細胞内送達による抗腫瘍効果発現.第50回日本薬学会近畿支部大会(2000/10)



ホームページに戻る